こういう転職という話は友達から聞いた話です。

こういう転職ができたという話は兄の友達から聞いた話です。

こういう転職という話は友人からの話です。始めに新卒時になにがなんでも就職したかった目標のA社の入社試験で、最後の役員面接で不採用となり、その後嫌々ながら違う会社に就職しました。そのあと3年経たぐらいに派遣求人サイトを見ていて偶然A社の紹介予定派遣の求人を発見し、気持ちを抑えることができなくなってその時働いていた会社を即座に退職し、派遣社員としてA社で働き始めました。勇気がありますね。懸命に頑張ってそれから先無事にA社で正社員登用されて、現在は仕事に誇りを持ちながら明るく勤務しています。

きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職探しをしていることが条件になります。

現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、活動していることの証明が必要になるが、でも、実際は「会社に行かなくてもいいし、少しの間でも仕事をせずにゆっくりしたい」と思うのが正直なところでしょう。というワケで、本気で仕事探しをしているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは必要ですが、その場で「求人票」を閲覧することを必ず行う必要があります。本気で探す意思がないときには、求人票を熱心に見ている芝居をして、(ハローワーク職員との)面談時に「自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が残念なことに見つけられませんでした」と話して、次の機会を探すという手もあります。

転職を行う際、現在働いている会社を退社する時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが…

転職を行う際、今務めている会社を退社する時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが、もしも自己都合で退職願を出して退社する、いわゆる自己都合退職のときはすぐさま失業保険が出るのではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないといけないのです。よく勘違いして辞めた次の日から3か月経過すればもらえると思っている人がいますが、この規則を勘違いしてハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでハローワークの担当者と揉めているのを過去に見たことがあります。念のために付け加えておくと、リストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したケースでは、失業が認定されれば即座に失業保険をもらえます。

日本には昔から”石の上にも3年”という諺もありますが・・

日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」といわれる現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでなくなっています。とはいえ、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に再就職するには時期というのも有るでしょう。はじめに、今現在の職場、仕事、会社に対して嫌だと思う点を、10個、少なくても最低5個は箇条書きにしてみましょう。この作業が、転職活動がスムーズになるはずです。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、ためらうことなく、今よりキャリアアップできるように、取り組むことが大切です。

もし転職することを、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまう・・

再就職の前に、今の会社の人たちがあなたの退職を知ると雰囲気が悪くなる可能性があります。今までの周囲との関係によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されるおそれもあります。加えて、残業時間を増やされるキケンもあるので、軽率に「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。なので、上記のトラブルを回避するためにも、いまの職場では、真面目に仕事をしておきましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、最高の形で会社を去れるはずです。そして、何の問題もなく円満退職できれば、辞めた会社に何かあったとき、アドバイスをもらえるはずです。規模や業種に関係なく、どこの会社も、人とのつながりがとても重視されるので、会社を辞める前のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました